So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

【雲雀ステークス2017】最終追い切り評価 【動画あり】 [競馬]

a2c3d6cc0db30ce992fd262e03280a88_s.jpg


 スポンサーリンク




今回は2017年2月12日(日)に開催される雲雀ステークスの最終追い切り評価を行っています。

また雲雀ステークス2017に出走する各馬の考察・評価も行っています。

最後に管理人独自の視点から、オススメの馬も予想していますので、興味のある方は最後まで見ていただけたら幸いです。

上位馬の実力が拮抗しており、意外な穴馬が伸びてくる可能性もありそうな2017年の雲雀ステークス。

有力馬や穴馬になりそうな馬も、追い切りから見つけ出していきたいと思います!


 スポンサーリンク



追い切り考察



それでは雲雀ステークス2017の有力馬や追い切りが公表されている馬の追い切りを考察していきます。


【アルジャンテ】

2月8日 南W良
【54.0- 39.6- 13.2】

追走から内に併せるつもりが、併せ馬に追いつけず。
しかし騎乗した横山騎手によると、コーナーでトモを滑らせたから無理はしなかった、とのこと。

どうやら太めとか体調の問題はなく、以前よりも走るフォームが良くなっている感触もありようです「。
上りも問題なく、4ヶ月ぶりのレースですが十分力を出せることでしょう。


【ダイワダッチェス】

ダイワダッチェスも有力馬として多くの競馬ファンが予想に上げていますが、残念ながら追い切りが見つかりませんでした。

参考までに、ダイワダッチェスが去年同じ時期に出走したフェアリーSでは早めに追い切って調整をしていました。
おそらく今回の雲雀ステークスも、早めに追い切りを行って調整していることでしょう。


【サザナミ】

2月5日 南坂良 
【56.4-40.8-26.7-13.2 馬なり余力】


サザナミは今回の雲雀ステークスは休み明けのレースとなります。
サザナミというと休み明けが得意なことで知られていますので、雲雀ステークスは期待できるのではないでしょうか!?

また冬場にしては爪の状態もよく、雲雀ステークスは最高の状態で臨める模様。

雲雀ステークスの追い切り考察まとめ



以上、有力馬の追い切りをチェックしていきました。

有力馬も少なく上記の3頭を中心にエルゴレア、ゴールドペガサスあたりが上位に絡んでくると予想されます。


アルジャンテとサザナミは休養明けでありますが、サザナミは休養明けが得意なので問題ないでしょうが、アルジャンテがどうなるのかが大きくかかわってきそうです。


管理人の予想としては、

アルジャンテ

ダイワダッチェス

エルゴレア

という予想になりました。
nice!(1) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。